メンズウルフヘアは流行るのか?!

こんにちは。名古屋久屋大通でメンズに人気のトータルビューティーサロンADORの蜂谷です。

今、話題になっているメンズウルフヘア。

30代の男性は2013年辺りで爆発的な人気を誇ったmen’s eegスタイルを思い出すのではないでしょうか。

あれから5年経った今、2018年にまたあの時流行ったウルフスタイルが少しずつ浸透し始めています。

その流行を作ったのは、韓流スターBIGBANGのジオンことG-DORAGONだと言われています。

彼はずっと襟足を刈り上げるネープレススタイルを主流にヘアスタイルをチェンジしてきましたが2017年のLASTDANCEツアーからネオウルフスタイリで登場し世間を騒がせています。

2017年の日本のヘアスタイルはネープレスが主流で、すっきり感があり爽やかで女性からのウケが良いと評判でした。

そして2018年になり、これからウルフスタイルが流行るの?などの質問が多数あります。

2018年ネオウルフスタイル流行ると思います。

しかし実際のところ似合う方と似合わない方がいらっしゃいます。

2013年に流行ったウルフスタイルを思い出してみてください。どんな方もウルフヘアにしてしまい真面目な方も不良に間違えられてしまうようなヘアスタイルになってしまったりしました。

そして2018年ネオウルフスタイル。 ウルフスタイルの最大の特徴は襟足が首に沿って長いこと。ネオウルフの特徴は襟足以外のヘアは丸みを帯びるようなマッシュで襟足は長すぎないことが鉄則。

今までの流行りのネープレスから一転、襟足が長くなりアウトラインのシルエットが変わります。人の第一印象を受ける場合、バストアップのイメージで第一印象を決めます。襟足が長くなることにより肩から頭までの距離が短くなります。

ということは。。。

首が短かったり、もともと肩から頭までの距離が短い方は、より短く見えてしまう可能性があります。

ズバリ、ネオウルフが似合う方は首が長めでそして、なで肩で頭から肩までの距離が遠い方がオススです。日本人は大半が首が短い方が多いです。2018年ネオウルフスタイルは流行るとは思いますが、2017年のネープレススタイルも、まだまだ根強い人気だと予想されます。

みなさん、ウルフヘアをオーダーする際は担当美容師さんに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です